リノベ古民家【TENJIKU香取】スキルを活かし、地域活性化の旅を

URL
https://gokigen.sagojo.link/tenjiku/
id
abc
 
※今後のコロナウイルスの感染状況によっては、急遽滞在キャンセルとなる可能性がありますこと、あらかじめご了承くださいませ。
 
『TENJIKU香取』と旅人のみなさんをつなぐ案内人の丹野かすみです。夫の丹野啓太と二人でTENJIKUを切り盛りしています!
『TENJIKU香取』のある千葉県香取市は東京から近く、成田空港からは30分とアクセスの良い場所。パワースポットとして有名な香取神宮や鹿島神宮、観光地として人気の小江戸・佐原の町並みなど、魅力あふれるスポットがたくさんあります。
香取市は関東有数の米どころでもあり、炊きたてのご飯や日本酒がなによりおいしいですよ!『TENJIKU香取』を拠点に、あなたなりの香取の楽しみ方をぜひ見つけてみてください!

縁もゆかりもなかった香取への移住。そして偶然生まれた『TENJIKU香取』

私も夫も千葉県の出身ではありません。私たちは2017年に結婚しましたが、当時は夫は北海道に、私は茨城県に住んでいました。3年間の遠距離生活を経て一緒に暮らすことになり、空き家サイトで家を探したところ、たまたま香取の古民家が目に入ったんです。
実際に香取に来てみたらとても良いところ!水郷の風景や昔懐かしいのどかな雰囲気が気に入り、すぐに移住を決めました。住み始めてみると、近所の方から「うちの祖母が住んでいた空き家があるから、その家も買わないか?」と声をかけていただいて。どうしようかな、と悩んでいるうちにSAGOJOの方に出会い「もう一軒の古民家をTENJIKUにしませんか」とご提案いただいたんです。その言葉で決心がつき、私たちは母屋とは別に古民家を購入することにしました。
ただ購入した古民家は、最初は人の泊まれるような状態ではなくて……。知り合いの大工さんや地元の方、SAGOJOの旅人さんなどと一緒にリノベーション作業を行い、ようやくみなさんをお迎えできる状態にまで作り変えることができました。

『TENJIKU香取』を地域活性化の拠点へ

 
私たちは『TENJIKU香取』を地域活性化のための拠点にしていきたいと思っているんです。夫は北海道で町議を務めた経験があり、私はマスコミや地方自治体で働いていた経験があります。夫婦ともに社会のさまざまな課題を解決したいと思って仕事をしてきました。
今回の古民家リノベーションでは、私たちもDIYをしたり銀行からお金を借入れたりと相当な覚悟を持って取り組みました。その背景にあるのは、自分たちが主体となって社会課題にアプローチしていきたいという想いなんです。私は2021年から大学院に入り、地域活性について本格的に学び始めたところでもあります。
香取は人口減少や高齢化など、地方特有の問題を抱えています。TENJIKU香取を通して、そういった社会課題を解決していくための方法を探していきたいと思っています。

訪れた旅人たち。変化は少しずつ、でも着実に

これまでに『TENJIKU香取』を訪れた旅人は、20代・30代の若者が中心です。お子さんと一緒に来てくれる旅人もいて、少しずつ輪が広がっているのを感じています。
旅人の中には、『TENJIKU香取』の滞在がきっかけで、近隣地区の地域おこし協力隊になった方もいます。彼はもともと「地域活性化に関わりたい」という想いを持っていて、海外のゲストハウスや他のTENJIKUに数多く訪れていました。彼は夫とお酒を飲みながら香取や周辺の地域について語り、千葉や茨城の名所をめぐったことがきっかけで、このエリアに深く関わりたいと感じたようです。この地域の未来を一緒に考えてくれる若者を生み出せた。TENJIKUを始めて良かったと思えた出来事ですね。彼は今でもちょこちょこ遊びに来てくれて交流が生まれています。少しずつですが、『TENJIKU香取』を始めて変化が起きているのを感じていますね。
 
『TENJIKU香取』を開始した直後は、私たちもTENJIKUに常駐しながら旅人と一緒に農作業をしたり、DIYをしたりしていました。ですが、2022年に入った頃から私たち夫婦は暮らし方や働き方を少しずつ変えており、県外に出て仕事をすることも増えました。特に日中は二人とも不在となることも多く、一緒に農作業やDIYをするのが難しいのが現状です。ですので、今は皆さん自身で積極的に香取周辺エリアを巡ってもらい、魅力を発掘してもらいたいと思っています。みなさんの発信によって香取の良さが広く認知され、香取に遊びに来てくれる人が増えることを期待しています!今後は、近所の方や近隣の農家さんにもサポートしていただきながら、地域の方とつながりを持てるような体制を整えていきたいと思っています。
 
私たちの取り組みを、ぜひ「サゴチ(リンク)」で応援してもらえたら嬉しいです!
TENJIKU香取に滞在して、小江戸の町並みやのどかな農村風景を楽しんでください。      私たちは、『TENJIKU香取』がみんなにとって田舎のような存在になってほしいと思っています。いつでも気軽に遊びにきてもらいたいし、香取のことを一緒に考えてもらえたら本当に嬉しいです。

昔ながらで心地よいリノベ古民家『TENJIKU香取』

『TENJIKU香取』は、築50年以上・広さ120㎡の古民家をリノベーションして誕生した空間です。 瓦屋根、平屋で昔ながらの風情を残した建物は昔懐かしい雰囲気で落ち着きます。
広々とした和室やリビング。Wi-Fiやエアコンも完備しているので、リモートワークで作業したい方にも過ごしやすい環境です。
陽の光がよく入る和室空間。のんびりとした時間が流れています。
ダイニングテーブルの他にちゃぶ台もあるので、小さいお子様がいても安心です。
広い和室のほかに、もう一部屋小さい和室もあります。
キッチンには調味料、調理器具、食器などが揃っています。
トイレはリノベーション工事の時に新しく作りました。トイレ内のあちこちに可愛いネコのグッズが置いてあるので、探してみてくださいね。
清潔感のあるお風呂は昔ながらの雰囲気。ホッとした気持ちになれます。
広々としたお庭では、BBQや花火も楽しめますよ~!
現在は『TENJIKU香取』としてだけではなく「ねこざえもん奥屋敷」という名前で古民家宿も行っています。たくさんの方に愛されているこの古民家で、どうぞのんびり過ごしてくださいね。
 
『TENJIKU香取』まわりには一面に田んぼが広がり、はるか遠くまで見渡せる圧巻の景色! 空が広く、風を感じながら大きく深呼吸をすれば、体の毒がスッと抜けていくような心地よさを感じることができます。少し歩けば、利根川の河川敷で散歩やサイクリング、バードウォッチングや釣りを楽しむこともできますよ。
 
食事は近所の居酒屋やカフェをご利用ください。食材を購入して自炊も可能です。徒歩圏内にコンビニエンスストア、3キロ圏内にスーパーとコインランドリーあり。車で10分の佐原駅周辺には、銭湯も2軒ありますよ。
※BBQやレンタサイクル、レンタカーは別途オプション料金がかかります。

アメニティや施設の詳細情報はこちら

 

ミッション in TENJIKU香取

『TENJIKU香取』には、旅を楽しみながら地域の課題解決する “ミッション” があります。
 
現在お願いしているミッションは「香取市や拠点のPR」と「拠点周辺の草むしりやDIY(随時)」など。PRは地域活性にもつながるので、みなさんの得意なやり方で楽しみながら取り組んでくださいね。

ミッション①香取市と『TENJIKU香取』の魅力のPR(SNS・ブログなど)

香取市には、あまり知られていないけれど魅力的なスポットがたくさんあります。神崎エリアは発酵食品が有名で、発酵カフェなども楽しめます。小江戸の町並みがある佐原エリアを探索するのもいいですし、大戸エリアで川沿いや畑の一本道をサイクリングするのも楽しいですよ。
地元の人にとっては当たり前で気付かないような、旅人の目線だからこそ感じる香取の魅力をたくさん発見してPRしてください。
※語学のスキルをお持ちの方は、ぜひお得意な言語での情報発信をお願いします!                      ゲストハウスのお客様には海外の方もいらっしゃいます。今後も『香取の魅力』を世界の人に向けて発信していきたいと考えております。ぜひご協力をお願いいたします。
 
また、『TENJIKU香取』滞在時の様子も発信していただけたらと思っています。『TENJIKU香取』はみんなでリノベーションして作り上げた場所。昔ながらの古民家で、都会に暮らすみなさんもホッとできるような温かい空間です。古民家宿「ねこざえもん奥屋敷」としても愛される『TENJIKU香取』。その魅力を、ぜひ体験して伝えてください。
 
旅をするなかで心に残った風景は、ご自身のSNSや、TENJIKUのSNS(Twitter / Instagram)でぜひシェアしてくださいね。
 

ミッション②『TENJIKU香取』拠点の草むしり(除草作業)

時期にもよりますが、建物周りの草むしりや枝切り、お掃除などもぜひお願いしたいです。立ち上げ時もTENJIKUの旅人さんにたくさんご協力いただきましたが、今後も旅人さんと一緒にこの「TENJIKU香取」を作っていけたら嬉しいです。
 
地域の課題を解決する “ミッション” をとおして、スキルを活かしながら地域活性に関わる体験を満喫してくださいね。
 

歴史、農、自然を楽しめる香取市

香取市には、東国三社詣りで有名な香取神宮や鹿島神宮があります。他にも歴史のある古い神社が点在しており、散歩をしながら静かで厳かな雰囲気を感じるのも楽しいと思います。歴史が好きな方は、ぜひ境内にある案内を見ながら神話を読み解いてみてくださいね。
小江戸の町並みが有名な佐原エリアは、飲食店やお土産屋が多数あり賑わっています。舟で川を下る「舟下り」もあり、観光地として楽しめます。食べ歩きをしながらのんびりと散策するのもいいですし、駅でレンタサイクルを借りて回るのもいいですね。
 
『TENJIKU香取』周辺に広がる田畑の風景も魅力的です。周辺を少し散歩してみると、農作業をしている地元の方と挨拶や会話を楽しめるかもしれません。
 
『TENJIKU香取』の拠点から車で15分程行くと「成田ゆめ牧場」があります。乳しぼり体験やヤギのエサやりだけでなく、ミニクライミングやアーチェリーなど体験が盛りだくさん!小さなお子さまから大人まで楽しめるスポットです。もちろん、牧場しぼりの牛乳やソフトクリームも楽しめます♪
 
『TENJIKU香取』には1組5名まで滞在できます。(未就学児のお子様もOKです)
おひとりでも、ご家族やご友人同士でも、ぜひご利用ください。

TENJIKU香取 滞在TIPS

 
ねこざえもん奥屋敷』(TENJIKU香取)
■ 住所:千葉県香取市谷中1027
■ HP:https://www.nekozaemon-oku.com/
■ アクセス:JR成田線 大戸駅から徒歩約15分
■滞在:1泊2日(日曜~金曜宿泊OK/土曜泊のみNG)
■滞在予約:滞在希望日の3か月前から2週間前まで予約可能
猫アレルギーのある方は基本的には滞在をお断りしております。
(案内人自宅に猫が数匹おり、滞在拠点(建物内)にも入る事があるため)
軽度のアレルギー体質などで滞在希望の場合はコメント欄にご記入ください。
 
詳しいアクセス情報はこちら
 
 
(執筆:「TENJIKU香取」案内人・丹野かすみ)
 

 

こんな仲間がいたなんて。心が豊かになる、地域と出会えるTENJIKUとは

『TENJIKU(テンジク)』は、地域の課題を解決する “ミッション” をとおして、地域の人たちとより深く関わりながら “仲間” になれる新しい旅体験を届けていきます。これまでの旅ではたどりつけなかった「一生モノの地域」との出会いをお楽しみください。
 

応募方法/応募後の流れ

「TENJIKU香取 を利用したい!」という方は、マイページのプロフィールをすべて記入した上で、応募時に次の情報をご記入ください。
必ず前もってTENJIKU利用規約を確認し同意の上、ご応募ください!
なお、応募いただいても地域や拠点、案内人のご状況により、滞在をお断りする可能性もございます。応募完了=滞在確定ではございませんので、予めご了承ください。
 
  • 氏名(フルネーム/漢字)
  • 滞在希望日(1泊2日/日~金曜宿泊(土曜泊のみNG))
  • 滞在人数(1組5名まで/ご家族・ご友人同士もOK・未就学児OK)
  • やってみたいミッションの内容
    • →本文内「ミッション ①〜②」参照。複数可
  • 香取滞在への気持ち(任意)/猫アレルギーの有無(必須)
その後、滞在までの流れは次の通りとなります。
 
<応募後の流れ>
① TENJIKU運営チームより自動メッセージが届きます。
②日程を地域側と調整します。※10日ほどかかります。 <SAGOJO → 地域>
③ご利用の可否をご連絡します。ご利用いただける場合はこの時点で日程確定となります。
④ 事前面談(オンライン) <SAGOJO & 地域 & 旅人>
⑤【当日】旅へ出発! TENJIKUへ滞在しながらミッションを実施
<旅人>※SAGOJOからのご連絡は、すべてSAGOJOのチャット機能にてお送りいたします。
⑥ サゴチップで地域応援
 

SAGOJOよりあなたへのメッセージ

わたしたちの旅の主役は「人」です。 TENJIKUは「ミッション」をとおして、 その土地やそこに暮らす人を知り、自分でにできる地域活性化を考える旅体験を届けていきます。TENJIKUを利用した旅人の中には、滞在した地域が好きになり結婚式の場として選んだり、地元の方々と仲良くなって事業を始めたり、移住や多拠点暮らし先として選んだりしている方もいます。
今後も少しずつ拠点数を増やしていき、いずれは、全国47都道府県のどこを訪れても、地域と密に関われて気軽に滞在できる拠点がある状態を目指しています。SAGOJOとしても新しいチャレンジですが、ぜひ一緒にそんな世界観を実現していけたらと思います。
 
これまでの旅ではたどりつけなかった、 あなただけの「テンジク」へ。 まだ見たことない出会いが、 あなたを待っています。

※ SAGOJOへのログインが必要です