富士山の絶景を望む。【TENJIKU富士吉田】多様な生き方、働き方に触れる時間。

URL
https://gokigen.sagojo.link/tenjiku/
id
abc
※今後のコロナウイルスの感染状況によっては、急遽ご利用不可となる可能性がありますこと、あらかじめご了承くださいませ。
 
『TENJIKU富士吉田』と旅人さんをつなぐ、案内人の渡邊大輔(わたなべだいすけ)と久野祐(ひさのたすく)です。旅人の皆さんの滞在やミッションをサポートする私たち2人には、それぞれが地方から都心へ出たものの、キャリアや生き方に悩み、富士吉田へUターン・Iターン移住してきたという共通点があります。『TENJIKU富士吉田』を訪れてくださる旅人さんには、地域で暮らすさまざまな事業者や個人との交流を通して、ご自身の人生の選択肢を広げていただけるよう、サポートしたいと思います!

旅人にうれしい機能を兼ね備えた拠点が、山梨県富士吉田市に誕生!

『TENJIKU富士吉田』の拠点となる『.work RESIDENCE(ドットワークレジデンス)』は、充実したリモートワーク環境を備えたコワーキングスペースと、宿泊機能をセットにした施設です。
令和4年度より富士吉田市、富士急行株式会社とキャップクラウド株式会社が連携して取り組む「富士吉田市まるごとサテライトオフィス(まるサテ)」の一拠点であり、仕事をしながら短期的に富士吉田で暮らしていただくことのできる場所となっています。案内人である渡邊、久野はキャップクラウド株式会社に所属しており、『TENJIKU富士吉田』の受付場所でもある『ドットワークPlus』というコワーキングスペースでコミュニティマネージャーをしています。
続きを読む
新型コロナウイルス流行の影響もあり、ここ数年でリモートワークは全国的に普及してきました。10年前ならできなかった「地方に住みながら、自宅にいながら働く」という働き方も、特別な選択肢ではなくなってきています。しかし、まだまだ働き方の選択肢は勤め先企業によって制限されるところが大きく、個人の意思で選ぶのが難しいのも事実。働き方そのものは多様化しつつあるけれども、自分はその変化の中にいないという方も多いでしょう。もし「ずっとこのまま、年齢やキャリアを重ねていっていいのかな」と悩む瞬間が訪れたなら、いまが視野を広げてみるべきタイミングかもしれません。
近年、富士吉田には移住者が増えてきて、長くこの地域で暮らしてきた人が気づかなかった魅力がソトモノ目線によって発見され、ビジネスとして発展する例も出てきています。この現象には逆のパターンもあって、都心から来た人が「大したことない」と思っていたスキルが、地域の人たちから重宝されることも珍しくありません。地域も人も、自分を客観視するのは難しいものです。自身の新しい可能性や選択肢を模索してみたくなったら、ぜひさまざまな企業・人が集まる『TENJIKU富士吉田』を訪れてみてください!

生き方、キャリアに悩んだら利用してみてほしい

ここからは、皆さんと接する案内人の渡邊と久野について、もう少し紹介させてください!
 
まずは私、渡邊の略歴から。私はもともと富士吉田市の出身で、高校卒業後に大学進学のために上京し、そのまま就職。高校時代から音楽をやっていた私は東京に強く憧れていたため、東京で暮らし働くことは、ひとつの夢でもありました。しかし家賃が高く、人の多い都心での暮らしは想像以上に大変で…ふと20年後の自分を想像して、とてつもない恐怖に襲われたんです。気が付くと自分のなかでの都会への憧れは消えていて、東京に暮らし続ける動機は音楽活動だけになっていました。結果、10年近く勤めた会社を退職し、富士吉田市へUターン。都会で疲弊するより自分の心が求める暮らし方、キャリアを築くことをめざし、事業者や富士吉田を訪れるフリーランサー、リモートワーカーの皆さんが幸せに働ける環境づくりをお手伝いしています。
 
一方、久野は福島県の出身です。東北の出身なのに寒がりで、2022年4月に富士吉田へIターン移住してくる前は、神奈川県川崎市で暮らしていました。学生時代からボランティア活動が好きでサークルにも所属し、デンマークやマレーシア、インドなど国内外でのボランティアを経験。しかし、ボランティアをしながらの就職活動だったためか新卒では第一希望の仕事に就くことができず、その後複数回の転職を経験するなど、自身のキャリア形成に悩んできました。そんななかで出会ったのが、コミュニティマネージャーという仕事。「いつか、コワーキングスペースなどでコミュニティマネージャーとして働きたい」という目標を胸に、国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も取得。縁あって『ドットワークPlus』のコミュニティマネージャーになり、今はTENJIKU案内人もしています。
 
富士吉田市は、まちの至る所から富士山を望むことのできる絶景のまちです。もし、働き方やキャリア形成について悩んでいるなら、「ちょっと田舎のお兄ちゃんに相談しに行く」くらいの気持ちで、私たち案内人と富士吉田の人たちに会いに来てほしいと思います。

富士吉田市で柔軟な働き方をする人、企業を増やしていきたい!

私たちは今後、「まるサテ」のプロジェクトを通して働き方の多様性をアピールするとともに、まずは富士吉田市内に柔軟な働き方をする・選ぶ人を増やしていきたいと考えています!
 
そのために、まずは「まるサテ」の中心地であり、地域のコミュニケーションハブ施設である『ドットワークPlus』にて人と人、市内外の企業同士の交流の場を創出し続けます。コミュニティマネージャーから相性の良さそうな方、マッチング度の高そうな方に地道にお声がけさせていただいたり、イベントを開催するなどして、まずは人と人を繋げる。そして将来的には、その繋がりからビジネスマッチングが生まれ、さらなるイベントやサテライトオフィス誘致の活性化が起こる。そんな良い循環を生み出し、富士吉田から日本全国へと広げていきたいです。
 
 
私たちの挑戦を応援してくれる人は、ぜひ「サゴチ」で応援いただけると嬉しいです!
TENJIKU富士吉田に滞在することで、あなたの第二のふるさととして、『.work RESIDENCE(ドットワークレジデンス)』だけでなく富士吉田市を応援する一員になってくれませんか?

仕事、食事、絶景もコンパクトに楽しめる『TENJIKU富士吉田』

『TENJIKU富士吉田』までは、最寄り駅の富士急行線・富士山駅から徒歩2分。コワーキングスペースと宿泊施設が併設された『 .work RESIDENCE(ドットワークレジデンス)』の一室をお使いいただけます!
まずは富士山駅の駅ビル・Q-STA内2階の『ドットワークPlus』にて受付をお済ませのうえ、宿泊場所までは富士山を眺めながら、ぜひ徒歩でお越しください!
宿泊いただくお部屋は、2ベッドまで設置可能な1LDK。1組1名または2名で滞在可能な個室です。
市内は坂が多いものの、最寄りのスーパーまでは徒歩5分。駅ビルのショッピングセンターまでは徒歩2分、コンビニも徒歩6分。生活に必要な商業施設や飲食店は、すべて徒歩圏内にあります。買い物やお散歩で積極的に出歩き、富士吉田市の絶景を楽しんでいただければと思います。ちなみに荷物が多い、ちょっと遠くまで行きたいなど歩くのが大変なときは、レンタル自転車か市内巡回バスの利用がおすすめですよ。
アメニティや施設の詳細情報はこちら

ミッション in TENJIKU富士吉田

『TENJIKU富士吉田』には、地域の課題解決をとおして地域の人たちとより深く関わりながら “仲間” になれるさまざまな “ミッション” があります。
どれも所要時間は1日あたり2〜4時間ほど。滞在中には適宜さまざまな依頼が発生することがあるかもしれませんが、自分の時間もゆっくり確保しながら「やりたい!」と感じたものを無理なく自由に楽しんでください。
続きを読む

ミッション① コミュニティマネージャー業務

私たちが所属するキャップクラウド株式会社では、富士吉田市が2022年4月より開始した「富士吉田市まるごとサテライトオフィス(まるサテ)」を受託し、市民全体と一丸となって取り組みを進めています。このプロジェクトは、文字通り山梨県富士吉田市をまるごとサテライトオフィスにして、都心の企業には低リスクでサテライトオフィス環境を、そして地域の事業者さまやフリーランサー、リモートワーカーには快適なワーケーション環境を提供しようという試みです!
 
このまるサテの事業の一環として、飲食店やカフェ、富士急ハイランド内の一角など、市内約40箇所がワークスペース提携施設となっています。そのなかでも『ドットワークPlus』は、富士吉田市役所や空き家バンクの職員、山梨中央銀行の方も利用される中心的なコワーキング拠点です。
 
コミュニティマネージャーは、そんな『ドットワークPlus』を利用される事業者同士、また事業者と個人をつなぐ役割を担います。旅を通してさまざまな人生や働き方に触れてきたであろうあなたにも、コミュニティマネージャーとして施設の運営業務(施設案内、清掃、整理等)やコミュニティ育成事業(イベント運営、企画等)を通して、力をお貸しいただきたいのです!
積極的にコミュニティメンバーに声をかけ、利用者さまたちの、またご自身にとってのビジネスマッチングを生み出していただきたいと思います。

ミッション② 富士吉田市の魅力をPR(SNS・ブログなど)

滞在中にあなたが見つけた「富士吉田の魅力」を、写真や文章でたくさん発信してください! SNSやブログなど、あなたが得意な方法で構いません。人・まち・文化・自然はもちろん、地元の人も気づいていない富士吉田の新しい魅力を発見し、PRしてくれませんか? 滞在中に富士吉田で出会った方におすすめを聞いたり、コミュニケーションをとりながら、富士吉田の歴史や文化、暮らしについて発信いただけると助かります。
※発信いただいた内容は、富士吉田市やキャップクラウド株式会社、SAGOJOにてリポストさせていただく可能性がございます。共有が難しい場合は予め教えていただけますと幸いです。
 

ミッション③地域の飲食店や宿泊施設、製造業のお手伝い

富士山麓のまち・富士吉田市には、斜面が多く水が豊富という地理的特徴があります。
このため、富士吉田では古くより農業や畜産などの一次産業よりも、製造業などの三次産業が発展してきました。代表的なものとしては「ハタオリ」と呼ばれる布製品が挙げられ、現在も若手のデザイナーや職人が中心となり、ハタオリ文化を盛り上げています。そして製造業で働く人たちを支えるために、飲食店や宿泊施設も増加。現在も富士吉田市には、カフェや居酒屋が多く立ち並ぶエリアが飲み屋街や商店街としてのこっていて、訪れる人の舌と心を楽しませてくれています。
 
飲食店や接客業での勤務経験のある方には、接客や受付業務のお手伝いもお願いしたいです。他にもお掃除や、冬には雪が積もる地域なので、雪かきなどもお手伝いしていただけると助かります!

ミッション④あなたの特技を披露してください!

『ドットワークPlus』では、さまざまな事業者・個人の交流を促進してビジネスマッチングを生み出すため、一週間に1回以上のペースでイベントを開催しています。その内容は、参加者みんなでコーヒーを飲むといったラフなものから、個人のスキルを活かしたワークショップまで、実にさまざまです。
ぜひ旅人の皆さんにも、ご自身のスキルを活かしたイベントを企画していただき、富士吉田市の企業・個人とのつながりを作っていただきたいと思います!

富士山信仰とともに歩んできた富士吉田で、歴史と食文化を学ぶ!

 
富士山駅の周辺には、「ハタオリ」などの名産品をお土産として購入できるショップや、ご当地グルメである「吉田のうどん」が食べられる飲食店が徒歩15分以内のエリアに複数存在します。
また、富士山駅から富士急行線(大月線)に乗って一駅の月江寺駅周辺には『西裏通り(新世界乾杯通り)』と呼ばれる歓楽街があります。ここは長年にわたり、地元の人たちに愛されてきた飲み屋街で、老舗から若者向けのお店まで、さまざまな飲食店が軒を連ねています。お酒が大好き、旅先ではグルメを楽しみたいという人には、ぜひ行ってみてほしいスポットです!
 
グルメよりも地域の歴史に興味がある!という人には、富士山信仰にゆかりのあるスポットを巡るのがおすすめ。富士吉田は古くより御師(おし)と呼ばれる、特定の神社に属する神職により、富士山の参拝者を受け入れ、宿泊や祈祷、案内などをしてきた歴史があります。富士山駅近くの『御師町お休み処 インフォメーションセンター』で御師、富士山信仰の歴史を学んだうえで、近隣の神社巡りをしてみましょう。
 
市内にはおよそ40か所のワークスペースがあるので、観光の合間にシゴトもできます!ワーケーションをしながらあなただけの楽しみ方/自分に合った滞在の形を見つけてみてください!

『TENJIKU富士吉田』 滞在TIPS

『TENJIKU富士吉田』には1組2名まで滞在可能です。お子様の滞在も可能なので、ぜひご家族やご友人と一緒にご利用ください!
 
⛰️
.work RESIDENCE(ドットワークレジデンス)(TENJIKU富士吉田)
■ 住所:山梨県富士吉田市上吉田1-10-12 深澤ビル3F
■ アクセス:最寄り駅の富士急行線『富士山駅』から、徒歩約2分。
※滞在初日には『富士山駅』駅ビルQ-STA内2階の「ドットワークPlus」にて、まず受付をお願いいたします。
詳しいアクセス情報はこちら
 
 
(執筆:地域案内人 渡邊大輔・久野祐)
 

こんな仲間がいたなんて。一生モノの地域と出会えるTENJIKUとは
『TENJIKU(テンジク)』は、地域の課題を解決する “ミッション” をとおして、地域の人たちとより深く関わりながら “仲間” になれる新しい旅体験を届けていきます。これまでの旅ではたどりつけなかった「一生モノの地域」との出会いをお楽しみください。
 

応募方法/応募後の流れ

「TENJIKU富士吉田 を利用したい!」という方は、マイページのプロフィールをすべて記入した上で、応募時に次の情報をご記入ください。
必ず前もってTENJIKU利用規約を確認し同意の上、ご応募ください!
 
  • 氏名(フルネーム/漢字)
  • 滞在希望日(1〜7泊以内が滞在可能)
  • 滞在人数(2名まで)
  • やってみたいミッションの内容
    • →本文内「ミッション ①〜④」参照。複数可
    • ミッション④を希望する場合は、具体的にご記載ください!
  • 富士吉田への気持ち(任意)
その後、滞在までの流れは次の通りとなります。
 
<応募後の流れ>
① TENJIKU運営チームより自動メッセージが届きます。
②日程を地域側と調整します。※10日ほどかかります。 <SAGOJO → 地域>
③ご利用の可否をご連絡します。ご利用いただける場合はこの時点で日程確定となります。
④ 事前面談(オンライン) <SAGOJO & 地域 & 旅人>
⑤【当日】旅へ出発! TENJIKUへ滞在しながらミッションを実施
<旅人>※SAGOJOからのご連絡は、すべてSAGOJOのチャット機能にてお送りいたします。
サゴチップで地域応援
SAGOJOよりあなたへのメッセージ
わたしたちの旅の主役は「人」です。 TENJIKUは「ミッション」をとおして、 地域の人たちと一生モノの仲間になれる新しい旅体験を届けていきます。TENJIKUを利用した旅人の中には、滞在した地域が好きになり結婚式の場として選んだり、地元の方々と仲良くなって事業を始めたり、移住や多拠点暮らし先として選んだりしている方もいます。
今後も少しずつ拠点数を増やしていき、いずれは、全国47都道府県のどこを訪れても、地域と密に関われて気軽に滞在できる拠点がある状態を目指しています。SAGOJOとしても新しいチャレンジですが、ぜひ一緒にそんな世界観を実現していけたらと思います。
これまでの旅ではたどりつけなかった、 あなただけの「テンジク」へ。 まだ見たことない出会いが、 あなたを待っています。
 

※ SAGOJOへのログインが必要です